イッテQやらせ疑惑 文春砲否定も一部表現を謝罪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

イッテQやらせ疑惑 文春砲否定も一部表現を謝罪

引用元:日刊スポーツ新聞社

日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分)で、宮川大輔(46)が出演する人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」にやらせの疑いがあることを、今日8日発売の「週刊文春」が報じている。
問題になっているのは、5月20日放送分の「橋祭りinラオス」。実際の放送では、自転車で橋に見立てた全長25メートルの板を渡り、スピードなどを競う祭りだと紹介している。4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行われ、宮川が祭りに参加した一部始終が放送された。
文春は、ラオスでこの「橋祭り」を手伝った人物に接触。「日本のテレビ局から、撮影セットの設計図とスケジュールが送られ、設営を手伝った」と証言した。さらに、参加者を動員させられたとも証言し、参加者は、賞金をもらった、などと同誌に語っている。
これに対して、日本テレビは8日、見解を発表した。「今回の企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」と完全否定した。
同局によると、水の上の一本橋を自転車で渡る催しは、東南アジアで人気の催しだという。
しかし、ラオスで村単位で開催されているという番組の説明は行き過ぎだったようだ。同局は「今回放送した会場での開催実績を十分に確認しないまま、作業を進めてしまいました」などと釈明。「この会場で初めての開催であった橋祭りを、放送では毎年行われているというかのような誤解を招く表現となり、この点については、真摯(しんし)に反省すべき点があった」と謝罪した。

これが真実だとすると文春砲と日テレの引き分けということですね。

開催場所を変えたことを毎年そこでやっているというウソをついてエキストラ役にギャラをばら撒いてサクラを用意したってことですね。

この宮川大輔の祭りシリーズ、始まった当初は本当に面白かった。崖から転がり落ちるところとか、死ぬほど笑った記憶があります。

宮川のテンションも昔はもっと高かった。最近は宮川のテンションが下がってきたなーとは見てて思った。っていうか、イッテQ自体のテンションが下がっているきがしますね。

きっと出演者も半分やらせってのを知ってたからやる気も失せてきたんでしょうかね。

日テレの日曜ゴールデンは鉄腕ダッシュからのイッテQでかなり視聴率を取ってた様ですが、TOKIO山口の脱退から鉄腕ダッシュもつまらなくなりましたよね。ジャニタレゴリ押しが痛い痛しいです。

だから私も毎週見てましたが最近は見るのは月1くらい。っていうかテレビ自体見なくなってきましたね。つまらないもの。

ただ面白くないお笑い芸人が喋るだけの番組より、もっと誠実で面白いテレビが観たいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告