2018年 F1グランプリ開幕戦 オーストラリアGP 決勝

去年の終盤から楽しみにしていた2018年F1グランプリ。今年からトロロッソとワークスを組んだホンダF1。チームワークも良く、マシンの信頼性もフリー走行までは完璧といってもいい出来で決勝へ。さて開幕戦の行方はいかに?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

2018オーストラリアGP 波乱の開幕戦!ハースのアシスト(?)でフェラーリのベッテルが優勝!?

とりあえず、決勝の順位はこうでした。

1位 ベッテル/フェラーリ
2位 ハミルトン/メルセデス
3位 ライコネン/フェラーリ
4位 リカルド/レッドブル
5位 アロンソ/マクラーレン
6位 フェルスタッペン/レッドブル
7位 ヒュルケンベルグ/ルノー
8位 ボッタス/メルセデス
9位 バンドーン/マクラーレン
10位 サインツ/ルノー
11位 ペレス/フォースインディア
12位 オコン/フォースインディア
13位 ルクレール/ザウバー
14位 ストロール/ウイリアムズ
15位 ハートレー/トロロッソ
リタイア
グロージャン/ハース
マグヌッセン/ハース
ガスリー/トロロッソ
エリクソン/ザウバー
シロトキン/ウイリアムズ

という結果でした。

まず開幕戦1位に輝いたフェラーリのベッテル。予選結果から今年もハミルトン一強かと思われましたが、開幕戦から番狂わせがありました。

先にタイヤ交換でピットストップしたハミルトン。戦略的に一時的に2位に下がりました。でも、これは前を行くベッテルがタイヤ交換を控えているため、その間に余裕でトップに戻れるはず。と誰もが思っていたところに事件が起きました。

決勝序盤で番狂わせ(?)で上位にいたハースのマグヌッセンとグロージャンが立て続けにピットストップ後にリタイヤ。どうやら2台ともタイヤ交換に不備があった模様。

グロージャンのマシンを片付ける間VSC(バーチャルセーフティカー)が入り、レースは一時的に中断。全車セーフティカーの後ろを走らなければいけません。

そのすきにトップを走るベッテルがタイヤ交換でピットへ。セーフティカー導入中にコースに復帰。2~3位でコースに入るはずがなんと1位のままコースへ!

そのままメルセデスのハミルトンを抑え1位でフィニッシュとなりました。

ハースといえばフェラーリの二軍チーム。なんかフェラーリを勝たすためのオール・フェラーリの作戦だったんじゃないの?って疑ってしまうような、ベッテルの幸運とハミルトンの不運で優勝が決まりましたw。

このレギュレーションもちょっと考えなければF1の面白さが欠けるような気がします。

なんだかんだ言ってもアロンソはすごい。マクラーレン5位&9位

開幕前テストからフリー走行まで、故障続きで良いところなかったマクラーレン。オレンジのマシンのカウルが焦げるトラブルが続き、決勝までは焼きパパイヤなんて揶揄されてました。私も正直、一発の速さはあっても完走できないんじゃないの?なんて思っていました。

でも蓋を開けてみれば腐ってもマクラーレンとアロンソ。ルノーエンジンはトラブルの様子も見せず、隙あらば上に上がり、レース終盤は後続をブロックしまくって結果5位フィニッシュ。後ろに続くレッドブルのフェルスタッペンのほうが明らかにマシンの戦闘力は上に見えましたが、なんとか後続に行列をつくりつつも5位を守り抜きました。開幕までのマシントラブルを考えると、マクラーレン陣営は祈るような思いだったことでしょう。

それにしても、ホンダからルノーにスイッチした初戦からこの結果。ホンダは格好つかないなぁ。

やっぱこれが現実かぁ。トロロッソホンダは15位&リタイヤ

われらがホンダF1。トロロッソ。決勝は無難に2台完走はできるだろう。あわよくばポイントゲットも期待!という気持ちで決勝をみていました。

が、15週目でガスリーが白煙を上げてストップ。ギヤボックスの故障らしいとの情報が入ってきました。マシントラブルなのか、ドライバーのミスに起因するものなのか、現時点ではまだ情報は入っていませんが、良いところ無く残念ながらリタイヤとなってしまいました。今期はPU(パワーユニット)を3基で21レース戦わなくてはいけないのでここで1基目のPUを壊してしまうとかなり厳しいです。

もう一人のドライバーのハートレーは何とか完走するものの、完走した15台のうち15位。しかも唯一の周回遅れとこちらもまったく良いところがありませんでした。

やっぱりレッドブルの二軍育成チーム。ホンダPU一年目。二人とも初フル参戦の新人ドライバー。開幕前の期待値が高すぎたのでしょうか。現実を考えれば、今のF1はそう甘いものじゃないですよね。これから経験とデータを蓄積してレースごとに進化していくのを楽しみにすることにします。

それにしても、抜きつ抜かれつのバトルが見られないF1。予選とピット戦術で結果が決まる今の現状は見ていてお世辞にも楽しいとは言えないですね。今日みたいにハースがセーフティカー引っ張り出して訳のわからない状況でもなければ番狂わせは起きないみたいですね。

現時点ではメルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強は去年と変わらない状況のようですが、3強に続く中盤争いは、なんだかんだで開幕戦決勝に合わせてきたマクラーレン、去年から熟成を重ねたルノー、ピットミスがなければもしかしたら?の速さを見せたハース、ポイントならずも無難に完走しているフォースインディア、このあたりが中盤の上位争いでしょうか。

まだまだ開幕戦が終わったばかり。あと20戦。今年はどんな悲惨な結果になろうと、ひたむきにトロロッソホンダを応援しますよ。まずは脱最下位をめざして頑張れ!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告