X JAPAN YOSHIKI、WE ARE Xのクリスマス上映会に登場!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

X JAPANのYOSHIKIがクリスマス上演会で自作映画PRと音楽業界問題にコメント

X JAPANのYOSHIKIが12月25日、都内でX JAPAN自身のドキュメンタリー映画「WE ARE X」クリスマス上映会に登場したそうです。

本作は2014年のアメリカ・マディソンスクエアガーデン公演までを取り上げた自身のバンドのドキュメンタリー映画です。さらに続編にも意欲的な感じで、YOSHIKIは「その後も僕が手術したり相変わらずドラマが続いてる。死とか洗脳じゃなくて幸せな映画になれば。結婚とかあればいいね。」と発言したそうです。

突然の発言の驚きでポカーンとする客席に、「何でシーンとしちゃうの!?」と自ら突っ込みを入れたそうです。たしかに、中世的なイメージのYOSHIKIが結婚ってピンと来ないですよね。

今年もX JAPANは大晦日NHK紅白歌合戦に出場

2017年大晦日にも2年連続で出場するNHK紅白歌合戦に関しては、「去年はゴジラを倒したけど、今年は何を倒すんだろう。エキサイティングなステージになると思います」と予告してました。首の手術の影響でドラムを封印しているが、紅白でのドラム復帰は見送る方向だそうです。

去年の紅白歌合戦、タモリとマツコ・デラックスを使ってNHKはどこに迷走しているんだろう?という不気味な違和感と、大した面白才能ない人が、無理やり面白くしてみようという痛々しい演出がありましたね。

また話は変わって、YOSHIKIはチケットの転売問題について、「許される事ではない」とする最近話題になっている問題にも声明を発表しました。

チケット転売問題に痛烈批判するYOSHIKI

その発言の中でYOSHIKIは、高額転売で利益を取ろうとする集団や人物がチケットを買い占めることで発生するチケットゲッター問題にも言及。「自分にとってライブは、ファンとのコミュニケーションがとれる、とても貴重で大切な場所。一部の心無い人達の行為によって、純粋に音楽を楽しもうとしている最愛のファンが傷付くのは、許される事ではない」と辛辣なコメントを出していました。

コメントの中では、X JAPANやYOSHIKIのディナーショーのチケットが、定価の10倍から20倍の高値で売買される事があることも添えられていました。

この問題はX JAPANにかかわらず、嵐などの超人気アーティストのファンがチケットを入手できなくなったり、入手するのに大金を払わなければならなくなったりすることが問題視されています。来年引退を発表している安室ちゃんも多分この被害に合うでしょうね。

いずれにしても、一時は現役復帰不能とまで言われたYOSHIKI。トゲトゲに髪を立てていた頃からのファンとしては元気なX JAPANがみられることは嬉しいことです。

これからも年齢に負けず、X JAPANには活躍してほしいですね。PATAちゃんのビジュアル的な衰えがすごい気になりますが。。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告