2回目の【Jアラート】9月15日AM7:00北朝鮮ミサイル発射

9月15日AM7:00、スマホから、またあの音がなった。

「ピンポンパンポンパン、ピンポンパンポンパン」

スマホには「【政府発表】ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です建物の中、又は地下に避難してください。」と表示。

7分後「ミサイル通過。ミサイル通過。先ほどのミサイルは、北海道地方から太平洋へ通過した模様です。不審なものを発見した場合には、決して近寄らず、直ちに、警察、消防に連絡してください。」無事通過。よかったね。

Jアラートだ。正直「またか」と思った。あの北朝鮮の変な髪形のデブめ。また目覚まし時計セットしやがったな。

テレビを付けたら、例によってJアラートの情報で持ち切りだ。こういう場合はJアラート以外報道してはいけないのだろうか。

どうやら今回も前回と同じ軌道だったらしい。北海道上空を通過して太平洋に落ちたようだ。

軌道の下にある土地で被害や不審物は発見されていないらしい。

前回のJアラートのときは、えりも町の小学校は休校になったらしいが、今回は通常通り登校するらしい。

トランプ大統領のコメントがニュースに入ってきた。「今回のミサイル発射について、アメリカに影響を及ぼすものではない」とのことだ。

うーん。微妙なコメント。だって、日本の上空通過したんだぜ?同盟国だぜ?やっぱりアメリカファーストだから、「アメリカが直接関係なければどうでもいいや。」みたいな発言にとれる。

今回の北朝鮮のミサイルは上空800kmを3700km飛んだらしい。前回よりも飛距離の記録を更新しているじゃないか。これならグアムにも届く距離だとテレビで誰かが言っていた。

それにしてもここしかないポイントに打ってくるもんだ。

南ならアメリカ、北ならロシアだ。日本ならなめたことしても大丈夫だ。なぜなら日本は憲法で報復はできないとなっているからだ。日本の本土に打ち込んだのならアメリカさんが怖いけど、上空を通過しただけならただの領空侵犯だ。だから日本上空なら打ち放題だ。アメリカの気を取らせることもできる。

このミサイルがちょっと北にそれて、途中でトラブルが起きて北方領土にでも落ちればよかったのに。

そうなったら相手はあのロシアだ。あのプーチンだ。今頃北朝鮮は無慈悲なロシアの攻撃によって焦土化されているところだろう。

私の隣国のイメージでは、韓国はちょい悪がカッコいいと思っている中二病集団。北朝鮮は小さいチンピラ集団。中国は大きいチンピラ集団、ロシアはマジでやばいマフィアってイメージ。

一番喧嘩してはいけない相手はロシアだろう。怒りとメンツの為に小国を滅ぼすことに躊躇はないだろう。そんなイメージだ。

アメリカはどうしても北朝鮮と物理的な距離があって、北朝鮮を制圧したところでなんのメリットもないから、どうでもいいチンピラが遠くで騒いでいるってくらいにしか考えていないような気がする。中東・アラブは石油をいうでっかい利権があるから本気で刺さっていくけど。北朝鮮の土地に広大な油田でもあれば、アメリカの対応も全然違うんだろうけどね。

2回目のJアラートでもうすでに目覚まし時計程度に「またか」と思って何もしないこの緊張感の無さ。騒ぎすぎも良くないのでしょうが、この状況が良いのか悪いのか。なんかヤバいですよね。これから月1くらいでなるのかな、Jアラート。7時なら目覚まし時計で済むけど、夜中の3時とかだったらブチ切れるよね。

3回目のミサイル発射でまたJアラートが鳴って、「ああ、またか。」ってみんな思ってたら、ミサイルのトラブルで北海道に落ちたらどうしよう。その時、政府のお偉いさんは、頑張って今まで通り、最大級の非難と、国際社会への最大限の制裁の呼びかけと、遺憾の意を表明して、犠牲者の冥福を祈ってください。

もうめんどくさいから北朝鮮を「核保有国」として認めるとアメリカが言い出したら、韓国はもちろん、日本の「非核三原則」も本気で考えなきゃいけないですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告