おまとめローンと消費者金融

複数の借金を一本化する銀行のおまとめローン。うまく使えば月々の支払額を減らしたり、支払総額を減らしたりできる。また、消費者金融の法規制である貸金業法の総量規制の抜け穴になる可能性がある。

おまとめローンとは?

複数の消費者金融から借り入れをしている場合、支払日の違いや各社の最低返済額の関係で月々の支払が大変になることが多い。

複数の消費者金融の借入残高を銀行から借り入れ、おまとめローンに移行することによって、月々の支払額を下げたり、金利を下げたりできるメリットがある。

貸金業法の総量規制とは?

消費者金融から借入ができる金額を年収の3分の1が上限と定めたものである。
年収300万円の人なら、複数の消費者金融からの借入残高は100万円が上限となる。
もし年収300万円の人が消費者金融からの借入残高が80万円だったとしたらあと20万円が借り入れ上限となってしまうということだ。

おまとめローンのメリットとデメリット

総量規制の上限まで借入している人が、銀行のおまとめローンで消費者金融の借入をまとめることによって、さらに消費者金融から年収の3分の1の金額を上限に新たな借入が出来る可能性がある。
銀行カードローンには貸金業法の総量規制の年収の3分の1縛りが無いからだ。
多重債務の危険性が大いにあるので個人的にはお勧めできないが、これは抜け穴として利用できなくもない。
月々の返済に目途が付けられるのであれば検討する価値は大いにありそうだ。

おまとめローンのメリット

  • 金利が下がる
  • 月々の返済額を変えなければ返済総額が減る
  • 返済日が集約できる
  • 複数の消費者金融の返済額より月々の返済を安くできる
  • また新たに消費者金融から借入できる可能性がある

おまとめローンのデメリット

  • 通常の消費者金融に比べて審査が厳しめ
  • 月々の返済額を下げると返済期間が延びるので返済総額が増える
  • まとめた後にさらに借入すると多重債務に陥る可能性あり

当たり前だが借入には注意が必要

消費者金融のA社、B社、C社の3社から借り入れがあり、総額100万円、3社の月々支払合計が3万円だったとしよう。銀行のおまとめローンを使用し、100万円を借り入れ、月の支払いを3万円に設定した場合、支払総額、返済期間が減る可能性が高い。

しかし、上記のケースで現状の月3万の支払いが厳しいのでおまとめローンを使用し、月の支払額を2万円に設定した場合は、月の支払いが減る分返済期間が延びるので間違いなく支払総額は高額になってしまう。

私の知り合いで、半年に1回200万の給料がもらえるという変わった職業についている人間がいる。毎月の定期収入が無いため、キャッシュフローがすぐ悪くなり、どうしても消費者金融に頼りがちだった。あるとき、総量規制上限に達してしまい、消費者金融で借入が出来なくなってしまったそうだ。そこで銀行カードローンで複数の業者をまとめたあと、実際にまた正規の手続きで消費者金融の融資が受けられたそうだ。

貸金業法も総量規制も多重債務に陥る消費者減らし、消費者を保護するためにできた法律である。

現金が必要なピンチが訪れ、返済の目途があるなら検討する価値はありそうだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告