日本旅行中の韓国俳優にヘイトスピーチ 京都

日本旅行で京都を訪れた韓国俳優ユ・ミンソンさんが、とあるラーメン屋を訪ねた際、店内にいた客から差別用語の罵声を浴びた。ユさんは韓国の俳優で、スマホ自撮で京都旅行のライブ中継をしているところだった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

韓国人観光客に対して差別的暴言

事件は韓国俳優のユ・ミンソンさんが京都旅行にスマホ自撮り棒を使って手あたり次第女性に声をかけ、一緒に撮影し、それをライブ中継するというナンパツアー中に起こった。

手あたり次第女性に声をかけまくるという、企画自体はあまり品の良いものでは無いが、ユさんが日本に対して悪感情を抱いている様子はなく、親日家なんだなぁという印象。

とある良い雰囲気の店をみつけ、入ろうとするユさん。
店のドアを開け、「居酒屋ですか?」と尋ねたところ、中にいた客から「ファッキンコリアンやねん」「ゴーアウト」と耳を疑うような差別的暴言を浴びせられた。さらに店の中から別の女性客の笑い声も聞こえる。
「はは・・・。」とユさんが苦笑いして店を後にしようとするとさらに「はは。ちゃうねん。あほ」と暴言を浴びせる。

自作自演の疑いあり?

ちょっと信じられない話だ。なぜ店のドアを開けた瞬間に店の客は韓国人だと解ったのだろうか?反日韓国人が日本ネガティブキャンペーン動画を捏造したのではないかと疑いたくなる。

しかしこの騒動のあと、この店の店長がツイッターで謝罪し、店のオーナーはしばらく店を休業するという謝罪文を公開した。お店側がこのような対応するということは、ユさんの自作自演ではいないだろう。

差別的暴言を吐いた客は「自撮り棒で勝手にカメラを向けられたことに腹が立った。イントネーションを聞いて韓国人だと思った。お酒も入っていてイラっとした。嫌な思いをさせたことは謝ります。韓国人が入ってくるなという気持ちはまったくありません。」とメディアの取材に答えているそうだ。

私も正直、韓国に対してあまり良い印象はもっていない。しかし、それは慰安婦像問題や靖国問題の韓国側の言動が原因であって全ての韓国人が嫌いなわけではない。日本人の嫌韓感情とはそういうものだろう。

ヘイトスピーチ対策法

本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律である。
差別解消への努力義務を課し、相談体制の整備や啓蒙活動、人権教育の充実などを図る。こういった事件が起こらないようにできた法律だ。しかし、この法に抵触しても罰則規定はない。

暴言客を擁護するとすれば、無許可にスマホ動画を撮りまくって生配信するとはいかがなものか。ラーメン食べているとき、店に入ってきた客にいきなりカメラを向けられたらどう思うだろうか。たかしかにイラッとするだろう。それにしてもこの差別的暴言はホントにひどい。酔っていたからといって許されるものではない。これがネットでライブ中継されたのは日本の恥だ。ハワイ旅行に行って飲食店に入って、酔ったアメリカ人に「くたばれ日本人。出ていけ。」と言われたらどう思うだろうか。私なら耐えられない。

そしてお店側も本当に被害者だと思う。客同士が喧嘩したからと言って休業する店はないだろう。見方によれば店に入ったら従業員に「くたばれ。出ていけ」と言われたようにも見れる。そんなものを世界配信されたらとんでもない業務妨害だろう。

日本人の人権意識が低いとは思いたくない。気軽に簡単にだれもが使えるネットだが、一歩間違えると本当に恐ろしいものだと改めて思った。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告