2017年 LPGA 女子ゴルフ 結果速報

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

2017ブリヂストンレディスオープン結果 上田桃子逆転で優勝

5月19日~5月21日、愛知県の中京ゴルフ倶楽部石野コースで行われたブリヂストンレディスオープンは上田桃子が最終日を7アンダーで回り、逆転で2014年の森永レディス以来の優勝を遂げた

2017中京テレビブリヂストンレディースオープン大会概要

開催コースは愛知県中京ゴルフ倶楽部石野コース パー72、6,401ヤード。
賞金総額 70,000,000円
優勝賞金 12,600,000円

宮里藍 最終日8アンダー 6位タイ

最終日は3アンダー28位タイからスタートした宮里藍。スタートホールの1番からバーディ発進するも3番でボギーを叩く。その後、7番9番でバーディを取って2つ伸ばして後半に折り返し。
後半に入って11番からの圧巻の6ホール連続バーディ。最終日で8つスコアを伸ばしてトータル11アンダーの6位タイまで順位を上げた。

川岸史果 安定の3位タイ

今季プロデビューの川岸。新人らしからぬ安定したプレーは健在。今季トップ10フィニッシュが5回で今回で6回目。いつ優勝してもおかしくないプレーを続け、まだ未勝利ながら賞金ランク8位につけている。最終日は8アンダーの3位タイからスタート。前半で4つバーディを取って初優勝も見える位置で後半に折り返し。しかし後半3バーディ2ボギーとスコアを伸ばしきれず、トータル13アンダーの3位でフィニッシュ。初優勝は目前だ。

テレサ・ルー 2位

今季すでに1勝を上げているテレサ・ルー。最終日は4位タイ8アンダーからスタート。前半3バーディ、後半も3バーディのボギー無し。安定したゴルフでトータル14アンダーでフィニッシュ。最終組の上田桃子の結果を待つ。

上田桃子 逆転優勝

最終日は9アンダー2位タイからスタート。2014年以来勝ちが無く、今季のバンテリンレディスでも勝利目前で自滅してプレーオフへ。さらにそのプレーオフで西山ゆかりに敗れ、地元凱旋優勝を目前で手放してしまった悔しい思いもしている。その上田、前半を3アンダーノーボギーで後半に折り返す。二日目に苦しんだパットが最終日には良く入り、10番13番14番と順調にバーディを積み重ね、単独首位に立つ。しかし15番で今日初のボギーでこの時点でテレサ・ルーに並ばれる。しかしすぐさま16番バーディで取り返すが、17番でピンチ。2打目をミスして難しいライの3打目アプローチ。これを寄せられずボギーは必至かと思われたロングパットをねじ込んでスーパーパーセーブ。一打差単独首位で最終ホールへ。順調にパーオンして2パットで優勝というロングパットを決めてバーディフィニッシュ。2位のテレサルーと2打差で2014年森永レディス以来の優勝を決めた。

試合後のインタビューで「今年勝てなかったらゴルフは諦めよう」とコメントしていた。アメリカで通用せずに日本復帰、その後も思うような成績が出せず、2年間未勝利。思い悩むことも多かったのだろうか。貴重な高ビジュアル日本人女子プロなのでびっくりしたが今季は1勝をあげれたのでとりあえず一安心。めでたくツアー通算12勝目をあげた。

2017ブリヂストンレディスオープン最終結果

1位  -16 上田桃子
2位  -14 テレサ・ルー
3位  -13 川岸史果
4位T -12 堀琴音、渡邉彩香
6位T -11 宮里藍、岡山絵里、笠りつ子、ぺ・ヒギョン

2017ほけんの窓口レディース 鈴木愛が今季初勝利

5月12日~5月14日の3日間で開催されたほけんの窓口レディース。鈴木愛が首位を守り切り、今季初勝利を挙げた。3週連続優勝が期待されたキム・ハヌルは3アンダー4位だった。

2017ほけんの窓口レディース 大会概要

福岡県 福岡カンツリー倶楽部 和白コース 6,308ヤード パー72

賞金総額 120,000,000円

優勝賞金 21,600,000円

ホールインワン賞 16番パー3 1,000,000円(達成者全員)

キム・ハヌル3週連続優勝ならず

最終日を2アンダー4位からスタートしたキム・ハヌルは前半8番をボギーとして1つ落として後半へ折り返し、11番12番連続バーディ、15番ボギー、18番バーディ。最終日3バーディ2ボギーの1アンダーでスコアを伸ばしきれず。トータル3アンダーの4位でフィニッシュ。3週連続優勝とはならなかったがこの位置であがるのはさすが。現在賞金ランク1位。

イ・ミニョン大きく伸ばして2位

1アンダー9位から最終日スタート。トータルでアンダーパーであればトップ10に入れる今回の難コースで最終日に6バーディ2ボギーとスコアを4つ伸ばして2位フィニッシュ。
今季はヤマハレディース優勝を含むトップ10が6回目。現在賞金ランク3位。

今季不振の酒井美紀3位

ツアー2勝の酒井美紀。最終日4アンダー2位からスタート。最終日は1バーディ1ボギーはイーブンパー。通算4アンダーで3位で終戦。今季は成績が振るわない試合が続いていたが、今季2回目のトップ10に入った。現在賞金ランク20位まで順位を上げた。

鈴木愛が今季初勝利

今季トップ10が6回、サイバーエージェントではプレーオフで敗れるなど、あと一歩優勝に届かなかった鈴木愛が最終日を7アンダーの首位からスタートした。前半の4番でバーディとするも、7番8番でボギーでスコアを1つ落として後半に折り返した。後半12番14番16番でバーディを取るも17番でダブルボギーを叩く。4バーディ、2ボギー、1ダブルボギーのイーブンパーで7アンダーも守り、逃げ切りで優勝した。ツアー通算6勝目、賞金ランクを2位に上げた。試合後「今までで一番良い母の日になった」とコメントした。

今季11試合を終わって海外勢の優勝が6回、賞金ランクもトップ10のうち6人が海外勢となっている。アメリカの女子ツアーでは韓国人選手が優勝しまくり、アメリカ企業のスポンサー離れが進んでいる。女子プロゴルフも今は来場者、試合数ともに大変良い状況だが、日本ツアーなのだから日本人ゴルファーにもっと頑張ってもらいたいですね。

2017ほけんの窓口レディース最終結果

優勝 -7 鈴木愛
2位 -5 イ・ミニョン
3位 -4 酒井美紀
4位 -3 キム・ハヌル
5位 -2 テレサ・ルー
6位T -1 佐伯三貴、新海美優、ささきしょうこ、シン・ジエ、イ・チヒ、ジョン・ミジョン

2017ワールドレディースチャンピオンシップ サロンパスカップ結果 キム・ハヌル2週連続優勝

国内メジャー、2017ワールドレディスチャンピオンシップ・サロンパスカップが茨城ゴルフ倶楽部で開催された。最終日に首位からスタートしたキム・ハヌルがそのまま首位をキープし危なげなく今季2勝目を挙げた。2位からスタートした川岸史果は4位、同じく2位からスタートしたレキシー・トンプソンは2位タイで終戦した。

サロンパスカップ大会概要

茨城県つくばみらい市 茨城ゴルフ倶楽部西コース 6,670ヤード、パー3
賞金総額 120,000,000円
優勝賞金  24,000,000円

セクシークイーン登場!?韓国のアン・シネ

今大会が日本ツアーデビューのアン・シネ。スコアよりもその素晴らしい容姿でファンを魅了したw。ナイスバディに超ミニスカートと、プレーには目もくれずアン・シネを4日間追いかけたギャラリーが100人位いたそうだ。
さらに最終日はイ・ボミ、金田久美子とこのアン・シネの3人組になり、美女を追いかけようと300人くらいのギャラリーを引き連れていた。大変恐縮な余談であるが、私はキンクミに関しては、なんとなーく清潔感に欠けるオシャレ感なのであまり好みではない。ちなみに3人の順位は金田久美子26位T、イボミ29位T、アンシネ41位Tで優勝争いにはカスりもしていない。

アメリカからの刺客。レキシートンプソン

慣れない日本に来て2位タイ。やっぱり本物は違う。初日は2オーバーだったが、2日目に3アンダー、3日目に4アンダーと気づいたら2位タイまで順位を上げて最終日に臨み、キムハヌルと1打差でスタート。
最終日は2番でダブルボギーを叩き厳しい出だし。3番7番でバーディを奪い取り戻すが、12番にボギーで落とす。13番14番の連続バーディは流石だったが、それ以上伸ばすことはできず、最終日1アンダー、通算6アンダーで2位タイで日本ツアー参戦は終わった。

今年プロデビューの川岸史果

今年プロデビューとは思えない安定感あるゴルフ。シーズン始まって9戦目になるが、そのうちトップ10以内が4回で賞金ランクも現在5位。
最終日はバーディ、ボギー、バーディ、ボギー、ボギー、バーディ、バーディ、ボギーで結果イーブン。伸ばすことができず、ストレス溜まりそうなゴルフで通算5アンダーの4位。

コ・ジンヨンて何者?

LPGAの公式HPに写真しかプロフィールが載っていない。
今大会が日本デビューなのかな。地味ながらも4日間安定したゴルフで最終日3アンダー通算6アンダーで2位タイ。韓国からまたもや強いのがやってきた。今後の動向に注目だ。

復活優勝間近?上田桃子

この4日間、日替わりで悪い良い悪い良いで最終日4アンダー。2日目の67と4日目の68はいずれもその日の最少スコア。爆発力は健在。2014年の森永レディス以来勝利から遠ざかっており、先月のバンテリンレディスでは優勝目前でプレーオフに持ち込まれ勝ちきれなくて悔しい思いをした。しかし今年はトップテンが5回。復活優勝は間近か?

キム・ハヌル3打差で連勝で今季2勝目

現時点で今季最強キム・ハヌル。しかも美人。先週のサーバーエージェントに続き2週連続優勝。さらに去年最終戦のリコーカップに続き、国内メジャー2連勝。今季2回の優勝含むトップ10フィニッシュが6回。予選落ちは1回。トップテンに入れなかった試合も13位タイ。現在ぶっちぎりで賞金ランク1位。平均ストローク・平均パット数・パーセーブ率で三冠保持中。
最終日は5バーディ、2ボギーの3アンダー。3番4番5番ホールの3連続バーディで試合は決まっていた。結果は2位と3打差通算9アンダーで優勝。

ところで、ここ日本でこれ日本のプロゴルフツアーだけど、韓国人選手以外に面白い話題が全然ないのがとても寂しい。がんばれ日本人プロ!

2017サロンパスカップ結果

優勝 -9 キム・ハヌル
2位T  -6 コ・ジンヨン、レキシー・トンプソン
4位 -5 川岸史果
5位 -3 上田桃子
6位 -2 サイ・ペイイン
7位 -1 イ・ミニョン
8位T    E 服部真夕、木村彩子、ささきしょうこ、下川めぐみ、大江香織、柏原明日架

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告