韓国大統領選 文在寅大統領誕生

5月9日韓国大統領選が行われた。結果は大差で、左派最大野党の共に民主党の文在寅(ム・ジェイン)氏が当選した。「反日」「新北」を政策に掲げる文氏が韓国大統領になったことで日本にはどういった影響がでるのだろうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

文在寅(ムジェイン)氏 圧倒的大差で勝利

中道左派の野党第2党、国民の党の安哲秀(アン・チョルス)氏と保守系与党の自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンビョ)氏の3候補での大統領選は投票率77,2%で文氏の得票率は41%であった。
朴槿恵前大統領の罷免による今回の大統領選のため、政権交代が第一。朴氏の保守セリヌ党から候補者は出ていない。

文氏は「今日が新たな大韓民国の扉を開く日になることを期待しています。」「国民だけを見て正しい道に進みます」と勝利コメントした。

文氏勝利の要因

今回の選挙では雇用に関する公約が好感を持たれ、20代~40代が文氏に圧倒的な支持を送った。さらに、政権交代が最優先だったので、野党第一党の共に民主党候補の文氏が適任者だったという見方が強い。

北朝鮮の反応は

「保守一見をしっかり清算することが新たな政治、新たな生活、新たな世の中を引き寄せるための近道だ。」
相変わらず北様はご立派な上から発言だ。

ちなみに韓国の右と左。
保守=右派=反北朝鮮
革新=左派=新北朝鮮
ということらしいので革新派の文氏が大統領になることは歓迎さているらしい。

文大統領で日韓関係に危機?文氏か掲げる5つの対日強硬策

竹島問題

「おとなしい外交では対処しない」とコメント。なめるのもいい加減にしてほしい。国際裁判で決着つけようという日本に対してNoという韓国に竹島領有を語る権利はない。歴史を紐解いても、国際裁判では必ず日本の領土と認定されるからだ。

慰安婦問題

「日本政府に必ず法的責任を問う」2015年の日韓合意は無効だそうだ。こんな国のことをどこの国が信用するか。ちなみにタカリ・ユスリのネタは死んでも手放しません。嘘も100年言い続ければ真実になる。あと30年嘘をつき続ければ真実だ。

徴用工問題

あまり馴染みのない問題だが、太平洋戦争中に朝鮮人を雇用した日本企業で、雇用に関して賠償責任が発生している企業があるそうだ。それを韓国では戦犯企業と呼ぶらしい。韓国政府がその賠償責任を果たしていないとみなされる企業は公共事業の入札に制限をかけるらしい。

歴史教科書問題

「日本の教科書歪曲を是正する」これは内政干渉も甚だしい。特に日本に統治されていた時代の日本教科書の間違いが多いとして、これを是正するそうだ。戦後GHQによって洗いざらい戦中を掘られた日本で比較的どうでもいい朝鮮統治時代など嘘をつく必要もない。日本の教科書を韓国に都合の良いように改ざんさせることを韓国では是正というらしい。ここでも100年嘘を言い続ける作戦か。

文化財問題

「略奪された文化財を返還させる」2012年長崎の津島のお寺から文化財が韓国人に盗まれるという事件が起こった。てっきりこれを日本に返してくれると思ったのだが、まるっきり逆だった。韓国は「これは14世紀に韓国から日本に略奪されたものだ」という主張。だから、日本の朝鮮にゆかりありそうな文化財は全部韓国に返還させるそうだ。
ここまでくると開いた口がふさがらない。700年前のことをまだ根にもっている。しかも、日本が正規に貰ったものなのか略奪したのかも不明だ。この理屈が国際社会にまかり通るなら、ヨーロッパは大パニックになってしまうだろう。100歩譲った理屈でもドロボーのが盗んだものを盗んでもドロボーなのだ。

文氏は廬武鉉元大統領の弟子

廬武鉉と言えば嫌韓という日本語が出来るきっかけを作った人物だ。
2005年に日本の国連常任理事国入り審議に際して、ドイツで「ドイツの常任理事国入りは支持するが、日本は絶対反対」と発言し、ドイツ人からも「なぜここで日本の話?」と思われた。アメリカ政府に対して「日本を米韓共通の仮想敵国に規定しよう」などと発言し、アメリカを唖然とさせたこともあるらしい。

結局日本に影響なし?韓国新大統領

今回の文氏当選をうけ、安倍首相は「出来るだけ早い機会に次期大統領にお目にかかり、共通の関心事項について率直に意見交換できることを楽しみにしている」と発言。大統領選であれだけ日本の悪口を言われても大人な対応だ。

私なら「おまえの対日政策は断固拒否」とか発言してしまいそうだ。

ようするに韓国では日本の悪口を言う人が英雄なのだ。大統領選などは日本の悪口大会で、どこまで過激な事を言えるかが得票率につながるのだ。まったく主体性のない国民性である。反日という教育と感情が韓国国民を自尊心を支えている。

いずれにしても、韓国大統領など、日本にとって誰がなっても大勢に影響は無いだろう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告