2017 JGTO 男子ゴルフ 結果速報

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

2017関西オープン 今平周吾完初優勝!

5月18日~5月21日に京都府城陽市の城陽カントリークラブで開催された関西オープン。今平周吾が初日から首位をキープし、2位と6打差の大差をつけ、ツアー初勝利を挙げた。

2017関西オープン 大会概要

開催コースは城陽カントリー倶楽部 7,037ヤード パー71
賞金総額 70,000,000円
優勝賞金 14,000,000円
優勝副賞 ANA航空券200万円
ホールインワン賞 16番パー3 1,000,000円(達成者全員)

今平周吾が完全優勝

4日間でアンダーパーが7人しかいない難コースを制したのは今平周吾だった。
初日を4バーディ、ノーバーディの4アンダーでロケットスタート。2日目も4バーディ2ボギーで通算6アンダー、3日目も4バーディ2ボギーで2つ伸ばし、通算8アンダーの独走態勢で最終日を迎える。
しかし、最終日のスタートホールでダブルボギーとし、初優勝への道は険しいかと思わせる。それでも、2番6番8番でバーディとし、1つ伸ばして後半へ。後半に入って11番でボギーを叩くも12番バーディで取り返すとそのまま最終ホールまでパーを重ね、終わってみたら2位と6打差、初日から一度も首位を譲らず完全優勝で初優勝となった。
結果は全盛期のタイガーウッズを思わせるような圧勝だった。

2017関西オープン 最終結果

1位  -9 今平周吾
2位  -3 片岡大育
3位  -2 ハン・スンス
4位T -1 カート・バーンズ、ディビッド・ブランスドン、ブラッド・ケネディ、北村晃一

2017日清カップヌードル杯 宮里優作2週連続優勝!

沖縄県のかねひで喜瀬カントリークラブで行われた日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯が5月11日~14日の4日間で開催された。悪天候によるサスペンデッドもあり、大変な大会になったが、最終日6アンダーと大きく伸ばした宮里優作が通算12アンダーで2週連続優勝を果たした。

2017日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯 大会概要

沖縄県 かねひで喜瀬カントリークラブ 7,217ヤード パー72

賞金総額 150,000,000円

優勝賞金 30,000,000円

優勝副賞 日清カップヌードル10年分等

ホールインワン賞 17番パー3 2,000,000円

ホールインワン賞 3番パー3 BMW320Iラグジュアリー

首位スタートの谷口徹 ファイナルラウンド伸ばせず3位タイ

ツアー通算19勝、49歳の実力者。3日目は悪天候によるサスペンデッドにより、4日目はサードラウンドの途中からとなった。ファイナルラウンドスタート時には8アンダー首位からスタートした。
前半は1番バーディ発進し優勝に弾みをつけたと思われたが、2番3番と連続ボギーとし失速、7番8番の連続バーディで1つスコアを伸ばして前半を折り返す。後半も出入りの激しいゴルフで10番ボギー、11番バーディ、13番14番16番ボギーとするも17番18番でバーディとし、後半1オーバー、ファイナルラウンドは6バーディ6ボギーのイーブンで伸ばすことが出来ず、結果3位タイフィニッシュとした。

小平智3位タイ

2015年の日本オープン優勝など、大きな大会に強い小平智。ファイナルラウンドは5アンダー3位からのスタートとなった。
1番バーディ発進で幸先良いスタート。6番ボギー、7番バーディで1つ伸ばして後半へ折り返し。後半に入って10番11番を連続バーディし、13番ボギー16番バーディで後半2つ伸ばしファイナルラウンドは3アンダー通算8アンダーで3位タイフィニッシュとした。

ブレッド・ケネディ 最終日大きく伸ばして2位

オーストラリア出身の42歳、日本ツアー2勝のベテラン選手。
9位から発進したファイナルラウンドは6バーディ・ノーボギーで通算9アンダーの2位でフィニッシュ。

宮里優作 2週連続優勝!

沖縄出身の宮里優作、凱旋優勝なるか?と期待されたファイナルラウンド。
6アンダー2位からスタートした。1番2番連続バーディとし、すぐに首位に立つ。3番をボギーとするも、4番5番6番の3連続バーディと9番でもバーディと取って前半だけで5つスコアを伸ばし2位と差をつける。後半も12番13番連続バーディとし大きく差をつけ、14番はボギーとするも、2位のブレッドケネディと3打差となる12アンダーで優勝。地元沖縄での初の優勝と先週の中日クラウンズに続き2週連続優勝となった。

日清カップヌードル杯 最終結果

優勝 -12 宮里優作
2位 -9 ブレッド・ケネディ
3位T -8 谷口徹、小平智
5位T -7 今平周吾、カン・キョンナム
7位T -6 プラヤド・マークセン、上平栄道、大堀裕次郎

中日クラウンズ2017結果速報 宮里優作が劇的優勝!

2017年4月30日、名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで開催された中日クラウンズ最終日は選手会長の宮里優作が大混戦の中で1打抜け出し、通算13アンダーで優勝、ツアー4勝目を飾りました。

中日クラウンズ2017大会概要

今年で58回目になる中日クラウンズ。開催コースは例年通りの名古屋ゴルフ倶楽部和合コース。
コース全長は6545ヤード。7000ヤード超えが当たり前のような昨今としては少し短いかな?とも思われますが、パー5のホールが2つしかなく、パー70のコースとなっています。
パー5が少ないということはイーグルやバーディが取りづらいので1日で爆発的にスコアを伸ばすのが難しく、4日間でコンスタントにスコアを伸ばしていかなければ上位には食い込めないコースです。

中日クラウンズ2017 賞金と副賞

賞金総額 120,000,000円
優勝賞金 24,000,000円
優勝副賞 トヨタ・クラウンアスリート
ホールインワン賞13番ホールパー3 トヨタ・C-HR
ホールインワン賞17番ホールパー3 トヨタ・プリウスPHV

ホールインワン賞該当ホールが2つあって商品が車っていうのはさすがトヨタのお膝元開催です。ほとんどの大会はホールインワン賞100万円で達成複数名の場合は均等割りっていうパターンです。優勝者は必ずいますがホールインワン達成者はなかなか出ない。トヨタ位のスーパー企業がスポンサーになるとホールインワンで大盤振る舞いしてくれるんでしょう。それが中日クラウンズが盛り上がる理由の一つでもあるのかな。

今大会を盛り上げた3人の内の1人。藤本佳則12アンダー2位T

ツアー2勝の28歳。2012年プロデビューからまだ2勝ながらも毎試合コンスタントに上位でフィニッシュして安定感抜群。5年連続で賞金ランク15位以内をキープしている選手です。
最終日は5位タイから最終組の一組前でのスタート。前半の3番5番でバーディ、ボギー無しで通算11アンダーでサンデーバックナインへ突入。相変わらず安定感を発揮しています。後半でも13番でバーディを取るも14番でボギー、それでも15番バーディでスコアを戻して通算12アンダーでフィニッシュ。プレーオフ進出に望みをかけます。

谷口徹も通算12アンダー2位T

ベテラン49歳ツアー19勝の実力者。藤本佳則と同じ最終組の一つ前の組でスタート。
1番ホールでボギーで幸先悪いスタート。それでも2番バーディですぐに取り返すのは流石です。6番でボギーを叩いてまた7番でバーディと取り返す。こういう状況って優勝争いしているプロとしてはどうなんでしょうか?前半はスコアを伸ばせず通算10アンダーで後半に折り返し。15番バーディで11アンダー、この時点で首位と一打差に詰めます。
圧巻は18番パー4の最終ホール。2打目をグリーンに乗せるもバーディチャンスとは言い難い距離とラインのファーストパットを見事にねじ込みバーディとしました。気合いと迫力の雄たけびをあげ、同組の藤本、最終組の宮里優作と並んで首位タイの12アンダーでフィニッシュします。

宮里優作が劇的バーディで優勝

結果論ですが今日は宮里優作の日だったんでしょうね。最終日最終組の首位Tからスタート。幸先良く1番ホールでバーディ発進したが3番ホールでボギー。その後は5番、6番、10番ホールでバーディ。この時点14アンダー。私はこの時に宮里さん優勝おめでとう!と思いました。
しかしゴルフってそう甘くはありません。ゴルフファンとしては、ハラハラドキドキ楽しませてくれます。やってる本人達は大変でしょうがね。
バックナインに突入した12番、13番で連続ボギー。12アンダーまで後退して一組前をプレー藤本佳則と並びます。そのまま伸ばせず淡々と17番ホールまで消化。
ドラマは18番パー4の最終ホールでした。2打でグリーンオンするもなかなか難しいバーディパット。谷口の最終ホールもこんな感じだったけど、宮里のこれは入らないだろう、と普通の人は思うラインと距離。
2パットのパーで上がって宮里、藤本、谷口の3人でプレーオフ突入だなぁ~って思って見てたバーディパット。カツンと打った球は良い感じでカップに向かって転がります。しかしカップ寸前で右側に抜けるだろう。そう見えた白球はクルっとカップを一周してカップイン。鳥肌立ちました。プロゴルファー猿みたいな入り方。一組前の谷口のバーディの雄叫びも興奮したけど。宮里優作お雄叫びも超カッコよかった。
優勝賞金2400万円。2位タイなら半分以下。このパットは1000万以上の価値があるパット。これをねじこんで優勝ってカッコ良すぎでした。

ゴルフ中継ってアマチュアゴルファーにとっては面白い。しかし興味ない人にとっては拷問に近いようです。野球やサッカーみたいにプレーしない人にも楽しめるようなスポーツなったらゴルフの地位もあがるんですけどね。そうなれば私も日曜日の午後、家族に気兼ねなくゴルフ中継見れます。頑張ってゴルフ界!!

2017中日クラウンズ 最終結果

優勝  -13 宮里優作
2位T  -12 谷口徹、藤本佳則
4位  -11 片岡大育
5位    -10 今平周吾

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告